コルクの歴史

 コルクの歴史を紐解くと、古くからその柔軟性・気密性が重宝され、古代ギリシャのご時世より、樽や瓶などの栓として活用されてきました。

 特に、ワインの成り立ちとは切っても切れない関係があります。ヨーロッパでは長い間、自分の手の届く範囲の原材料として、各種の暮らし用品・工芸品に活用され続けてきました。産業革命以後も、その耐衝撃性・絶縁性などが工業的にかなり重要な役割を担っています。

 2000年以上のストーリーがあるコルクですが、なかでも、コルクはポルトガルの歴史の一部であり、様々なモニュメントや主要なポイントで見つけることができます。トマールのキリスト教修道院は世界遺産であり、参事会室はその象徴性や、大航海時代のストーリーに結びつく場所として、観光客の人気スポットでもあります。ここでは、石彫の中にはコルク樫の幹がみられ、カラベル船のポルトガル人航海士たちに使われていたことをうかがわせます。修道士たちはコルクが環境を快適にする事をよく知っていました。

 これは、シントラのカプーシュ修道院や、ブサコのサンタクルス修道院、アラビダ修道院でもみつける事ができます。なぜならば、小個室や共用スペースにコルクがひかれているからです。科学技術が発達した今日でも、代替品が見当たらないくらい、コルクは非常に珍重されている素材です。


税込8000円以上のお買い上げで送料無料

売れ筋商品

売れ筋商品

カートに入れる

やさしいコルクマット 約8畳本体 ラージサイズ

やさしいコルクマット 約6畳本体 ラージサイズ

やさしいコルクマット 約6畳セット レギュラーサイズ

コルクマットが求められる理由

お客様の感想

送料無料でらくらく配送とは

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」
PR
忍者AdMax